年金試算アプリ LINE APP

TOPICS

顧客本位を具体的なサービスとして提供しませんか?

顧客本位の業務運営を、サービスの受け手であるお客さまにどうわかりやすく提供するか。金融商品を取り扱う事業者の皆さまは日々この課題に向き合っていることと思います。取組方針を公表し、まさにこれからその実践内容が問われる中で、LINEでできる「ねんきん定期便試算」を自社サービスとしてラインナップしてみませんか?

2つのなぜ?で示す
ねんきん定期便試算の有効性

なぜ、年金?

老後の日常生活を
公的年金でまかなえると思わない人

80%

老後の日常生活を心配する中で多くの生活者が公的年金だけでまかなえないと考えています。ところが、自分の年金額がいくらになるのかをねんきん定期便をみてもわからないという声が非常に多いのが実態です。

出典:「平成28年度 生活保障に関する調査」 生命保険文化センター

なぜ、LINE?

国内の月間利用者数

8,300万人

日本の人口の65%以上

毎日利用するユーザー

86%

月間利用者数に対する比率

もはや日常のコミュニケーションインフラとなりつつあるLINE。既に日々利用されているアプリケーション上にサービスを提供することで、お客さまにとって気軽に利用いただくことが可能となります。

ねんきん定期便を活用するメリット

ねんきん定期便は、お客さま個々人のデータに基づいた現状把握、提案が可能となる極めて重要な情報源といえます。

お客さまのリアルデータを使う

  • 一般的に公的年金は平均値で話されている事が多く、お客さまは実感をもてない
  • ねんきん定期便を活用することで、お客さまの老齢年金額がわかり、将来準備すべき金額も明確になる
  • 自身のリアルデータのため、より実感が湧く

長期的関係の構築

  • わかりづらいと言われるねんきん定期便の見方がわかることで、店舗への来店やサイトへの誘導を促すことにつながる
  • ねんきん定期便が届く誕生月をきっかけに、お客さまとの長期的関係が構築できる
  • 転職や独立など、人生の転機にプロに相談する事項が増える。

サービスの特徴

AI(人工知能)を使って年金額を試算

簡単な質問への回答と、お客さまご自身のねんきん定期便をLINEのカメラで撮影するだけで、AIがねんきん定期便を解析し年金額を試算します。

チャットボットで24時間自動対応

お客さまとのLINE上のやりとりは、ずべてチャットボットがおこないます。24時間365日、お客さまのご都合に合わせたサービス提供が可能です。

老後に必要な資金も試算可能

受け取れる年金額だけでなく、老後の必要資金も試算できます。公的年金以外にどれだけ準備しておく必要があるのかを具体的な金額で把握することができます。

貴社サービスへ誘導

老後に必要な資金が明確になったお客さまが、その準備をするために具体的な貴社サービスを知るきっかけづくりが可能です。

導入企業一覧

  • 公的保険アドバイザー協会
  • 第一生命
  • ほけんの窓口
  • 横浜銀行
  • 大和証券
  • FP相談ねっと

本サービスは、銀行・保険会社・証券会社・大手保険代理店向けに提供しており、
現状一般代理店、保険募集人向けには提供しておりません。