• ホームページ制作(外部サイト)
  • チャットBOTアプリ開発
  • マンガ制作
  • 研修企画
  • 講演
  • コンサルティング

どのようなスタッフを採用すればいいですか?

営業を強化するために新規でスタッフを採用しようと思います。どのようなスキルや特性を持った人を採用すればいいですか?

「インフルエンサー」を採用しましょう!

ズバッ!と回答

◯言っておきますが、インフルエンザに罹っている人じゃないですからね(笑)。アイドルグループの乃木坂46も同名の歌をうたっていますし、経済番組でも紹介されることが多いキーワードなのでご存知のかたも多いのではないでしょうか。

◯インフルエンサーとは、影響、感化、作用の意を語源とする言葉で、他者や一般社会に大きな影響力を及ぼす人や事物のことを指します。今流行のユーチューバーやインスタグラマーなどをイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

◯今、あらゆる場面でこのインフルエンサーの影響力が高まっています。加えて、ビジネスも「マス」から「インフルエンサー」を通じたコミュニケーションに移行し始めてきました。まさに、「個の時代」の到来です。企業ではインフルエンサー採用を始めたところもあり、応募時にtwitterのフォロワーが一定の人数以上だと一次面接を無条件で通過するといったものもあるそうです。それだけ個の影響力を重視しているということですよね。

◯保険業界でも昔から研修生採用時にコネクションシートのようなものを作成し、人脈の大きさを確認していました。そう考えると、既に個人で影響力のある人を採用すれば、新たな顧客開拓をしなくともフォロワーがいるわけですし、本当にいいサービスを紹介すればあっという間にお客さまが増えるかもしれません。

◯例えば、新規採用時にSNSのフォロワー数や利用状況について確認してみてはいかがでしょうか。もちろん、どのような情報を拡散しているかは事前確認が重要です。その上で、個の影響力がどこまであるかをふまえて、採用の参考にするといいかもしれませんね。

◯と、このようなことを言うと必ず「保険業界は特殊だから」とか、「保険会社から規制されて自由に発言できないから」などとネガティブな意見を耳にします。どうもSNSを使って保険募集をするイメージなのかもしれませんが、それとは全く異なります。趣味や特定の分野、写真のテクニックなどの「センス」に他者の共感や個のブランドが形成されていくわけですから。

いかがでしょうか。我々の業界も、募集人のインフルエンサー採用を導入してみるといいかもしれませんね。

Vol.96 2018.01