• ホームページ制作(外部サイト)
  • アプリ開発
  • マンガ制作
  • 研修企画
  • 講演
  • コンサルティング

社内のタイムリーなコミュニケーションに有効なツールは?

社内の半分が営業で外出しがちなので、なかなかタイムリーなコミュニケーションがとれなくて困っています。今どきのツールで何か便利なものはありませんか?

定番のSNSやメッセンジャーツールを活用しましょう!

ズバッ!と回答

◯その昔、僕が社会人になった頃は営業担当者に「ポケベル」が貸与されていました。今の若い人からすると考えられないかもしれませんが、初期の頃のポケベルというのは、ただ「呼び出すだけ」の機能しかありませんでした。その後機能強化が図られ、「数字」が表示されるようになりました。恋人同士が「0840(おはよう)」といったメッセージを送ったりして、絵文字ならぬ数字文字文化がほんのすこしの期間、花盛りでした(笑)

◯今ではケータイ(スマホ)を持つようになりましたので、個人への連絡は飛躍的に便利になりました。しかし、基本的には個人への連絡手段として使うことが多いので、ご質問のように、最近ではスタッフ全員でコミュニケーションをとりたいというニーズが高まっているようです。

◯単純に全員あてにメールを送ればコミュニケーションをとれますが、それよりも今どきはFacebookやLINEなどのSNSツールを使うほうが便利だと思います。代理店さんでグルーピングして活用しているという声もよく聞きます。

◯さらに最近では、メッセンジャーツールを使ったコミュニケーションも便利になってきました。これらはアプリ化されているものがほとんどなので、スマホとの相性がとてもよく、使い勝手もいいものが多いですね。最近はビジネスのやり取りもこういったメッセンジャーツールを使うケースも増えてきたので、メールに代わるコミュニケーションツールになってきているのかもしれません。

◯これらのベースとなっているのは「チャット」といわれるもので、おしゃべりするような感覚で使います。メールのように「件名」「本文」といったかたいものではなく、いきなりおしゃべりすることができるので、気軽にコミュニケーションするのに適しています。社内であれば、こういう形式のほうが使いやすそうですよね。

◯もちろん、これらのツールもファイルや写真などを添付することができますので、メールとほぼ同じ機能をもっています。これだけ便利なのでビジネスでも結構使われているのは頷けます。

◯いかがでしょうか。今は無料でこういったコミュニケーションツールを使うことができる時代です。ぜひ積極的に試してみてはいかがでしょうか。

Vol.82 2016.11