• ホームページ制作(外部サイト)
  • アプリ開発
  • マンガ制作
  • 研修企画
  • 講演
  • コンサルティング

ハローワークや求人媒体以外に採用の方法はありますか?

人手不足なのか、ハローワークや有料の求人広告をだしてもなかなか採用につながりません。何かいい方法はありませんか?

Facebook広告を活用してみましょう!

ズバッ!と回答

◯アベノミクス以降、雇用状況は改善の兆しが出てきました。最低賃金のアップや配偶者控除の見直し議論など、働くことへの意識が増加しているのを感じます。一方、人口ピラミッドでは生産年齢人口は減少しているので、採用確保はこれまでよりも難しくなってきているのかもしれません。

◯また、求人はハローワークが無料で使い勝手がいいものの、求めている人材とのマッチングがうまくいかないという話もよく聞きます。加えて、有料の求人広告も選択肢が多いためか、安易な応募が増え、アンマッチを起こすとの指摘もあります。では、どのような手段があるでしょうか。

◯今であれば、Facebook広告を有効活用する方法があります。Facebookで広告をするには、まず「Facebookページ」を開設する必要があります。これは、Facebook上のホームページのようなもので、誰でも簡単に、しかも無料で作ることができます。ネットで「Facebookページの作り方」といったキーワードで検索すれば、たくさんの解説サイトがありますので、まずは作成してみてください。

◯Facebookページが作成できたら、そこに求人に関する告知をします。ページに文字を入力することで、これも簡単に作成することができます。記事を書いたら、その記事自体を「広告」として、広くFacebookユーザーに広めることができます。その際、興味関心キーワードや地域、年齢、性別などを自由に設定することができますので、募集内容に沿った設定を行います。

◯設定が終われば、数分から長くても数十分で広告が承認されます。その後は、設定したターゲットのFacebookにその広告が表示されます。尚、掲載したその記事を自身で「いいね!」しておけば、自身の知人友人にもシェアされますし、誰かがその広告記事を「いいね!」すれば、その人のつながりにもシェアされるので、どんどん拡散されることになります。

◯尚、広告は期間や一日あたりの限度額、総予算をあらかじめ設定できるので、コスト管理も簡単です。採用が決まれば期間中であっても広告は削除できるので、その後の費用もかかりません。尚、自社のホームページに採用関係のページがあれば、それを広告することも可能です。

◯いかがでしょうか。Facebookを活用した、コスト管理とターゲットを絞った採用広告。ぜひ試してみてくださいね。

Vol.81 2016.10